1. トップページ
  2. ネットセーブblog
  3. 宅内WiFiトラブルシュート「WX150」スペアナモードのご紹介

宅内WiFiトラブルシュート「WX150」スペアナモードのご紹介

自社開発アンテナ搭載の新モデル発売

エンドユーザー様のWi-Fiトラブルシュートで活躍しているWX150。Wi-Fiを見える化する基本機能として、APスキャン・APグラフ・チャンネルビュー機能が搭載されています。今回は自社会開発アンテナを搭載することで、チェッカー並の価格を実現したWX150最大の強みであるスペアナ機能について改めてご紹介いたします。

wx150-img

 

Wi-Fi以外の信号も見える化する”スペアナモード”

スペアナ機能では、Wi-Fi以外の干渉波の切り分けが可能となります。トラブルシュート時、Wi-Fiの信号には問題がないにも関わらず、「ネットが繋がらない、または不安定」という状況が継続するケースがあります。それはWi-Fi通信する2.4GHz帯の干渉かもしれません。
2.4G帯には以下の様な身近な機器で使われており、不具合の原因となる可能性があります。しかし、Wi-Fi信号のみを測定するツールではこれらの原因切り分けはできません。WX150であればWi-Fi以外の干渉を波形で確認することができ、またWi-FiのSSIDをオーバーラップして表示できる為、より切り分けが確実にできます。

2.4GHz帯が使われている機器の例

24hzkikirei

 


電子レンジ・Bluetoothスピーカー・BS左遷の信号をWX150が受信した様子を掲載しています。
波形の変化を動画でご確認ください。

■ 電子レンジのON/OFF波形

電子レンジONの時間11秒~36秒

 

■ BluetoothスピーカーのON/OFF波形

BluetoothスピーカーONの時間4秒~38秒

 

■ BS左遷信号の影響波形

BS左遷信号の受信時間10秒~24秒

 

更にお求めやすくなりました!

ハンディサイズでスペアナ機能まで搭載されているモデルはWX150のみです。さらに2019年10月に価格改定され、今まで以上にお求めやすくなりました!お客様からの問い合わせでお困りのケーブルテレビ事業者様は、是非ご検討ください。お見積・評価機お貸出しのご相談は下記よりお問い合わせください。


デモ機貸出し等のお問い合わせ

各種ソリューションや商品等についてのお問い合わせ・資料請求

製品・サービスに関するお問い合わせ