1. トップページ
  2. ネットセーブblog
  3. 宅内WiFiのトラブルシュートに最適「MTTplus-900」のご紹介

宅内WiFiのトラブルシュートに最適「MTTplus-900」のご紹介

スマートフォンが普及した現在、宅内でWiFi接続することが当たり前の時代となりました。 それに伴い、WiFiが繋がらない、繋がりにくいというトラブルシュートが増加しております。 ケーブルテレビ事業者様におかれましては、お客様にご納得いただく為に客観的なデータの測定と最適なWiFi環境の提案が必要です。

ネットセーブより宅内WiFiのトラブルシュートに最適な「MTTplus-900」をご紹介いたします。
フリーソフトなどの測定から専用測定器への移行するタイミングです。

mttp900


VeEX社製MTTplus-900では下記4つの指標を分析し、エンドユーザーに最適なWiFi環境のご提案をすることが可能となります。

1.信号レベル

mttplus900-02_shingou

  

接続APの信号レベルが-60dBm以上の値になっていることが理想です。

 

2.チャンネル使用率

mttplus900-03_channel

  

チャンネルごとの使用率が一目で分かります。50%以下になっていることが安定した接続の目安となります。

 

3.スペアナ波形

mttplus900-04_speana1

mttplus900-05_speana2

  

非WiFi含む干渉源の可能性も確認することができます。

 

4.スループット試験

mttplus900-06_throughput

  

アクセスポイントと端末間のスループットを測定し、実際の速度を検証することができます。


専用プローブ(別売)

オプションの専用プローブを追加することでPC性能やインターネットサイトでの速度変化などの環境に左右されない、プローブを使ったテストが可能になります。
mttplus900-07_probe

 

追加機能オプション(別売)

mttplus900-08_poeoption

  

POEオプション

別売りのPOEオプションを追加する事で、POE測定も可能になります。

 


ご採用事業者様

mttplus900-09_asahikawacatv

  

旭川ケーブルテレビ様

 

デモ機貸出し等のお問い合わせ

  • 各種ソリューションや商品等についてのお問い合わせ・資料請求

製品・サービスに関するお問い合わせ